民事再生の手順とは

民事再生を選択するにあたって、まずは弁護士へ借金の相談が基本中の基本となります。債権者一覧表を持参していくと、スムーズに進められるでしょう。そして、請求書や収入の状況が分かるもの、あるいはカードやクレジットカードや住宅ローンの詳細といったものも必要になります。弁護士がしっかり民事再生を選択できるかどうかを検討した上で、地方裁判所に民事再生の申し立て書類を提出するのが一連の流れです。弁護士が依頼をすれば、借金の取り立てがストップとなるため、これだけでも大きな意味があるといえるでしょう。

そして問題となるのは、その借金をどのようにして返済していくかの再生計画を立てる必要がある点です。確実に返済ができる再生計画を立てる必要があるため、これは当事者と弁護士で話し合いを行った上で決定していくのが基本となります。

債権者に対して書面による決議が行われ、そして問題がない場合は地方裁判所の認可がおりて民事再生が成立とされる流れです。色々とやらないといけないことはあるものの、弁護士に依頼をすれば何も戸惑うことはありません。必要な書類を用意すれば、全て弁護士が適切な対応を行ってくれるものと考えて全く問題ないです。

継続しての収入が条件

民事再生は自己破産とは異なり、あくまでも借金を返済していく形となります。そして、原則3年間で借金を整理するという方法となるため、継続して収入が見込めないと選択をしたくても選択ができません。継続しての収入とはなるものの、会社員だけではなく、自営業者や年金受給者であっても問題ないです。また、借金の理由による制限もありません。ギャンブル等の理由であっても利用が可能です。ご自身に継続しての収入が見込め、さらには借金を返済していく考えがあるのなら、民事再生を選択するだけの価値があるといえるでしょう。

無理なく借金を返済していける生活を手に入れることに繋がっていくのは間違いありません。3年間で借金生活とはお別れとなり、元通りの生活を送れるようになります。現状のままでは借金を返済するのは難しいものの、借金が減額されて一定額の返済ならしていけると考える方も少なくないでしょう。

民事再生を選択するかどうかの判断は弁護士がするのが最も適切です。もちろん、民事再生を選択できるかどうかという問題もあるでしょう。いずれにしても弁護士に相談をした上での対応を心がけるようにすれば、自然と適切な選択に繋がっていくのは間違いありません。

借金の元金を減額

民事再生と他の債務整理の大きな違いとしては、やはり借金の元金を大幅に減額できるメリットがある点です。あくまでも借金を全額返済する考えがある方に適している種類といえます。借金の元金が大幅に減額されることによって、借金を返済していけると考える方もいるでしょう。借金をした時点では返済をしていけるとは思っても、実際には生活状況が変わって返済が難しくなる場合もない訳ではありません。自己破産をする手もあるものの、自己破産をするとどうしても生活状況は大きく変わってしまうものです。自己破産をしたくない、そして借金の元金を大幅に減額したいと思うのなら非常に適しているといえるでしょう。

住宅を手放すことなく生活を再建できるのはまさに望むところと思う方も少なくないでしょう。地方裁判所に申し立てをすることで再生計画ができて、弁護士に相談すればスムーズに対応してくれます。

もちろん、あくまでも借金を全額返済するのが条件となります。これから借金を返済して考えがあり、でも今の借金額では返済が難しいと考えるのなら、民事再生を選択してみてはいかがでしょうか。他の債務整理の種類を選択するのも悪くはないものの、民事再生の場合は借金の元金を大幅に減額できるメリットが大きいです。

債務整理と民事再生

債務整理には様々な種類があるのを多くの方はご存知のはずです。その中の一つであるのが民事再生となります。当然ながら、それぞれの種類にはそれぞれの特徴があるものです。その特徴を加味した上でどの種類を選択するのかを考えないといけません。注意点としては、やはり行き当たりばったりの選択をしてしまわないことでしょう。例えば、自己破産の場合は借金を全額返済する必要はなくなるものの、不動産や自動車などの財産を手放さないといけなくなります。さらには、5~10年間ローンを組めずにクレジットカードの利用も不可能になるのが事実です。メリットがあるとともに、デメリットもそれぞれの種類にはしっかりあります。その特徴を知らずして選択をしてしまうと、人生を棒に振る結果になってもおかしくはありません。

だからこそ、まずは弁護士に相談をした上でしっかり対応することを心がけるべきといえます。どういった種類があるとともに、どういった選択をすれば良いかはご自身ではなく、第三者である弁護士に判断してもらうのが望ましいといえます。借金のことで頭がいっぱいで、冷静な判断ができない方も決して少なくはありません。弁護士の存在があってこそ、適切な対応できるといっても過言ではないです。

ここでは債務整理の種類の一つである民事再生についての解説をしています。民事再生とはどういったものであるのかを知れば、いざ弁護士に相談するにあたっても話がスムーズとなっていくでしょう。