民事再生の手順とは

民事再生を選択するにあたって、まずは弁護士へ借金の相談が基本中の基本となります。債権者一覧表を持参していくと、スムーズに進められるでしょう。そして、請求書や収入の状況が分かるもの、あるいはカードやクレジットカードや住宅ローンの詳細といったものも必要になります。弁護士がしっかり民事再生を選択できるかどうかを検討した上で、地方裁判所に民事再生の申し立て書類を提出するのが一連の流れです。弁護士が依頼をすれば、借金の取り立てがストップとなるため、これだけでも大きな意味があるといえるでしょう。

そして問題となるのは、その借金をどのようにして返済していくかの再生計画を立てる必要がある点です。確実に返済ができる再生計画を立てる必要があるため、これは当事者と弁護士で話し合いを行った上で決定していくのが基本となります。

債権者に対して書面による決議が行われ、そして問題がない場合は地方裁判所の認可がおりて民事再生が成立とされる流れです。色々とやらないといけないことはあるものの、弁護士に依頼をすれば何も戸惑うことはありません。必要な書類を用意すれば、全て弁護士が適切な対応を行ってくれるものと考えて全く問題ないです。