継続しての収入が条件

民事再生は自己破産とは異なり、あくまでも借金を返済していく形となります。そして、原則3年間で借金を整理するという方法となるため、継続して収入が見込めないと選択をしたくても選択ができません。継続しての収入とはなるものの、会社員だけではなく、自営業者や年金受給者であっても問題ないです。また、借金の理由による制限もありません。ギャンブル等の理由であっても利用が可能です。ご自身に継続しての収入が見込め、さらには借金を返済していく考えがあるのなら、民事再生を選択するだけの価値があるといえるでしょう。

無理なく借金を返済していける生活を手に入れることに繋がっていくのは間違いありません。3年間で借金生活とはお別れとなり、元通りの生活を送れるようになります。現状のままでは借金を返済するのは難しいものの、借金が減額されて一定額の返済ならしていけると考える方も少なくないでしょう。

民事再生を選択するかどうかの判断は弁護士がするのが最も適切です。もちろん、民事再生を選択できるかどうかという問題もあるでしょう。いずれにしても弁護士に相談をした上での対応を心がけるようにすれば、自然と適切な選択に繋がっていくのは間違いありません。