債務整理と民事再生

債務整理には様々な種類があるのを多くの方はご存知のはずです。その中の一つであるのが民事再生となります。当然ながら、それぞれの種類にはそれぞれの特徴があるものです。その特徴を加味した上でどの種類を選択するのかを考えないといけません。注意点としては、やはり行き当たりばったりの選択をしてしまわないことでしょう。例えば、自己破産の場合は借金を全額返済する必要はなくなるものの、不動産や自動車などの財産を手放さないといけなくなります。さらには、5~10年間ローンを組めずにクレジットカードの利用も不可能になるのが事実です。メリットがあるとともに、デメリットもそれぞれの種類にはしっかりあります。その特徴を知らずして選択をしてしまうと、人生を棒に振る結果になってもおかしくはありません。

だからこそ、まずは弁護士に相談をした上でしっかり対応することを心がけるべきといえます。どういった種類があるとともに、どういった選択をすれば良いかはご自身ではなく、第三者である弁護士に判断してもらうのが望ましいといえます。借金のことで頭がいっぱいで、冷静な判断ができない方も決して少なくはありません。弁護士の存在があってこそ、適切な対応できるといっても過言ではないです。

ここでは債務整理の種類の一つである民事再生についての解説をしています。民事再生とはどういったものであるのかを知れば、いざ弁護士に相談するにあたっても話がスムーズとなっていくでしょう。